鼻整形の前後の事例

Online Service

Consultation & Reservation

nosejdh@gmail.com

COUNSEL
DIRECTION
TREATMENT HOUR

WEEKDAY

AM 09:00 ~ PM 07:00

WEEKEND

AM 09:00 ~ PM 04:00

 

 

 

鼻整形の情報 HOME - 鼻整形の前後の事例

목록

Total 416 / 1page
    鼻翼が長すぎの場合は、鼻翼を短くする手術が必要ですが、傷がのこって普通はお勧めしない手術です。手術は鼻翼の線を切開して鼻翼を高めます。写真の患者さんは肋軟骨を使いました。手術後1ヵ月目です。
    No.416 I 2017-06-22 I 20 I
    鼻先をシャープ、高めた手術です。手術は麻酔が必要ですし、形を変えますので十分考えて形を決定するのがいいです。
    No.415 I 2017-06-17 I 29 I
    曲がったわし鼻の写真です。手術後左の小鼻が垂れている様子ですが、これは顔を非対称が原因です。矯正はできますが、普通顔とのバランスが合わなくて矯正はしておりません。
    No.414 I 2017-06-17 I 18 I
    先天的鼻孔の非対称の原因は口唇率です。口唇率は構造的にも両方の差が大きくて難しい手術です。鼻の皮膚を切って矯正します。
    No.413 I 2017-06-17 I 19 I
    曲がった鼻の場合、顔自体が非対称の場合があります。この場合、曲がった鼻を矯正しても顔の非対称で鼻の非対称も残ります。
    No.412 I 2017-06-17 I 18 I
    鼻の再建は少なくとも3回の手術が必要です。フィラー注入後の左鼻翼の壊死で鼻再建術2次手術後3ヶ月が経過した様子です
    No.411 I 2017-06-17 I 13 I
    幅が広い鼻は鼻筋の幅寄せ、鼻翼も小さく、できれば長さも短くするのが鼻を小さくに見えるようにします。
    No.410 I 2017-06-17 I 10 I
    口唇率の傷の矯正手術です。もともと鼻が大きくて鼻を小さく、傷も治した手術です。傷はまだ医学で完全に征服されてない分野です。
    No.409 I 2017-06-17 I 12 I
    鼻翼が凹んでる場合 校正するのが容易ではないです。耳から皮膚と軟骨を移植する方法をよく使ってるけどひどい場合には使用が限られています。その時は鼻翼を切開して回転する方法を使いますこの方は鼻翼を切開した方で切開跡校正のために再来院されました。
    No.408 I 2017-03-04 I 45 I
    口唇裂の鼻の矯正例です。口唇裂の手術は17歳以降、鼻の成長が終わった後に行うのがよく、大概1次手術後、鼻孔の非対称の矯正によりもう一度、簡単な追加手術を勧めることもあります。手術後2年目の写真です。
    No.407 I 2016-03-18 I 154 I
    シリコンで手術したのがすごくわかるようで再手術した例です。手術後、眉間部分が高いと再手術のため再訪問されました。個人的な見解の違いがあるため、手術前の相談が重要な部分です。
    No.406 I 2016-02-27 I 159 I
    フィラーは鼻や法令線によく打ちますが、唇にもよく打たれます。溶けないフィラーの場合、写真のように下唇が伸びて見えることがあります。このような場合、唇の内側を切開し、伸びた唇とフィラーの物質を除去します。フィラー除去後、2週間目のためまだ腫れがあります。
    No.405 I 2016-01-15 I 130 I
    普通、女性の場合、二重を2mmぐらいにします。高くすると7mmぐらい、低くすると5mm程度ですが、男性の場合、少し低く定めるのが良いです。高いと濃く見える場合が時々あります。
    No.404 I 2015-12-31 I 123 I
    手術後の写真で、右側の鼻翼に切開線が見えますが、写真のようにひどい拘縮の場合はしばしば皮膚の切開が必要です。
    No.403 I 2015-11-27 I 91 I
    拘縮が進行した鼻は大部分、軟骨がすでに使用された場合が多く、肋軟骨を使用することになる場合が多いです。寄贈された軟膏もありますが、最近の論文を見ると100%吸収されるというレポートが多いです。鼻中隔軟骨があるといっても、異物との免疫反応、一種の拒否反応により、..
    No.402 I 2015-09-09 I 119 I
    体質によって、傷ができることがあります。このような場合には耳の変形が起きないように、細かく縫い合わせ、時には周りの皮膚を利用して、皮弁(Flap)を使用して縫合します。
    No.401 I 2015-09-04 I 132 I
    拘縮した鼻は時々、鼻先の切開が必要なんですが、時折写真のように切開跡が残る場合があります。このように切開跡が残ると、傷跡の修正が必要です。写真は拘縮1次手術後、2次手術のために来院された場合です。
    No.400 I 2015-08-06 I 134 I
    拘縮した鼻は手術前、6ヶ月以降に簡単な矯正手術が必要かもしれないという内容を事前に伝えます。写真はひどく拘縮した鼻で、1次手術後、眉間の部分が曲がり、鼻が少し長い感じがあり、鼻先の方に傷が見えます。この部分の簡単な矯正を通して、完璧な鼻が可能になります。拘縮後..
    No.399 I 2015-07-20 I 114 I
    短い鼻は幼く見える感じがありますが、ひどく短く、鼻の穴が見えるのも見た目が良くありません。鼻を長くする場合には鼻中隔軟骨など、自家軟骨を使うのが望ましいです。拘縮などでひどく短くなった場合には肋軟骨を使用する場合が多いです。
    No.398 I 2015-07-08 I 147 I
    拘縮した鼻は鼻の穴の非対称が伴うのですが、その場合、皮膚の切開が必要な場合が多いです。しかし、可能であれば皮膚の切開なしで矯正を試みた後、それでも矯正が難しい場合、皮膚の切開を通して、矯正します。
    No.397 I 2015-07-02 I 95 I
게시물 검색