鼻整形の前後の事例

Online Service

Consultation & Reservation

nosejdh@gmail.com

COUNSEL
DIRECTION
TREATMENT HOUR

WEEKDAY

AM 09:00 ~ PM 07:00

WEEKEND

AM 09:00 ~ PM 04:00

 

 

 

手術副作用 HOME - 鼻整形の前後の事例

목록

Total 177 / 1page
    拘縮した鼻は手術後6ヵ月目に矯正が必要かもしれないです。しかし、最初の手術で炎症が見つかたり、状態が良くない場合、肋軟骨を取った状態でも鼻の中の粘膜再建や異物、炎症組織を除去して肋軟骨も元の位置に戻して手術が終わります。何カ月後1次手術をして2次手術が必要場合..
    No.177 I 2017-06-17 I 12 I
    拘縮した鼻は鼻孔の非対称になりますが、この場合鼻翼切開皮弁術で矯正します。写真の方は右の鼻翼切開術で矯正しましたが、その後左の鼻孔がへこんでる感じだ2次手術で左の鼻孔の矯正が必要です。手術後差が出来た場合です。
    No.176 I 2017-06-17 I 11 I
    先天的に鼻翼の欠損がある場合です。患者さんは7歳で完全な矯正手術はできなかったので軟組織のみ合わせた状態です。鼻の矯正は鼻の成長が終わる17歳以後が良いです。
    No.175 I 2017-06-17 I 8 I
    顔面非対称で鼻が曲がり、低い感じがあるだんご鼻です。曲がった鼻は顔面非対称に伴いますが、この場合どうしても完璧にストレートになるのは難しいです。しかし、鼻は矯正するのが必要です。
    No.174 I 2017-06-17 I 11 I
    拘縮した鼻は手術が難しくて皮膚を切ったり、1,2次の手術が必要場合があります。写真の方も鼻の形の為1,2次の手術が必要可能性があります。
    No.173 I 2017-06-15 I 12 I
    拘縮には、人工物の拒否反応、繰り返される手術、炎症などが原因であります。ですので鼻を伸ばす拘縮の手術は、自己組織、その中でも肋軟骨を使うのが良いです。拘縮手術は難易度が高く、皮膚壊死や炎症などより多くの副作用の原因となることがありますので、発生する前に予防する..
    No.172 I 2017-06-15 I 9 I
    皮膚の近くに人工美を入れたら皮膚の損傷、高めすぎて皮膚がすごく伸ばせた場合、鼻筋が白く、または赤くなり可能性があります。人工物を除去して皮膚が改善したの写真です。
    No.171 I 2017-06-15 I 10 I
    肋軟骨は鼻の整形の一番いい材料なんですが、手術後3%の確率以内で骨が曲がる場合もあります。この場合、再手術が必要ですが簡単な手術で治せます。
    No.170 I 2017-06-15 I 10 I
    手術の後壊死した鼻先の矯正です。鼻先を高く過ぎて起きた皮膚の壊死で手術1年3ヵ月経った写真です。
    No.169 I 2017-03-24 I 21 I
    シリコンの飛び出し
    No.168 I 2017-03-10 I 20 I
    炎症がいながら拘縮が発生した場合です。この場合、すぐ胸の軟骨で手術できるですが、一旦人工物を除去してから炎症が治った後再手術をするのが安全です。しかし、この場合、写真のように人工物を除去の時、シリコンがあった空間程収縮が起こっている鼻がさらにみじかくなる可能性..
    No.167 I 2017-03-09 I 18 I
    フィラー注射後の壊死の頻度は減ったが、着実に発生しています。簡単ですが、一度発生すると、深刻なので、注意が必要です。フィラー注射後の痛み、ほてり、など問題があったら専門病院をぜひ見つけてください。
    No.166 I 2017-03-04 I 20 I
    皮膚の損傷が同伴された拘縮は特に校正が困難でおります。手術2年目で肋軟骨の使用例です。
    No.165 I 2017-03-04 I 18 I
    シリコンでの手術後、炎症とシリコンの露出が見える状態です。
    No.164 I 2016-03-18 I 66 I
    鼻の手術後、炎症で鼻先が赤く飛び出たことで人工物除去時、にきび跡のようにへこむ可能性があり特別な治療が必要です。手術1年経過後の写真です。
    No.163 I 2016-03-10 I 79 I
    鼻の手術時、鼻先の皮膚をすごく薄く剥離し、鼻先の皮膚の壊死が起こった場合です。
    No.162 I 2016-03-07 I 68 I
    長いL字型シリコンが鼻を押さえて、シリコンが飛び出す直前の状態です。
    No.161 I 2016-02-15 I 57 I
    フィラーの注射後、壊死が起きた場合です。
    No.160 I 2016-01-18 I 69 I
    肋軟骨を利用した鼻手術時、5%ぐらいの確率で、warping(歪み現象)が発生することがあります。まず発生したら、取り出し矯正をしてこそ、完全に矯正が可能です。
    No.159 I 2015-11-28 I 61 I
    炎症で拘縮が発生しながら、シリコンが出る直前で皮膚の損傷がひどくなります。
    No.158 I 2015-11-06 I 68 I
게시물 검색