お知らせ&学術活動

Online Service

Consultation & Reservation

nosejdh@gmail.com

COUNSEL
DIRECTION
TREATMENT HOUR

WEEKDAY

AM 09:00 ~ PM 07:00

WEEKEND

AM 09:00 ~ PM 04:00

 

 

 

マスコミへの紹介 HOME - お知らせ&学術活動

인쇄하기

Print List
ジャン・クンウク院長 拘縮の鼻についての記事

페이지 정보

Poster.SHIMMIAN

Date.2015-05-14 18:52:49

Hit.139

Reply.0

본문

『鼻整形最大の副作用、拘縮・・・その治療方法は?』

記事入力:2015年3月24日9時8分


鼻整形の副作用の中で最も深刻な副作用の中のひとつが鼻の拘縮性変化である。

簡単に言うと、鼻が短くなり、皮膚が縮みながら硬くなる現象である。

現在まで拘縮の原因は明確に明らかにされていない。ただ、繰り返される鼻手術と炎症、シリコンカプセルの変化、外傷、免疫学的な理由で鼻の拘縮現象が現れると推定される。

国内の拘縮の患者の大部分は鼻整形手術以後、拘縮現象が現れる。そのため、拘縮の再手術を受けようとする患者も増加する傾向である。

拘縮は拘縮の状態や程度によって区別される。鼻の一部分に局限されたり、鼻が対称的に短くなりながら上がってくる現象、非対称的拘縮、皮膚の変形を同伴する拘縮、鼻の一部分が損傷された破壊的拘縮、全体の形に変化が起こる拘縮などに分けられる。

拘縮した鼻の治療はまず短くなった鼻先を延長することが目標だ。短く、硬くなった鼻の皮膚張力を克服して、鼻を延長させるためには丈夫でまっすぐな自家材料を使用することが最も望ましい方法である。

症状が軽いと鼻中隔軟骨を使用し、鼻先を延長することができるが、量が制限的なため深刻な症状には使用しにくい。

この場合には自家肋軟骨を使用すれば、望むだけ症状を改善することができる。鼻の皮膚の一部が陥没した症状は軟組織を利用し、陥没部位を平らにする。陥没の程度が深刻ならば、皮膚皮弁を利用し矯正することができる。

シンミアン整形外科、ジャン・クンウク院長は「拘縮した鼻を放置すると、症状がさらに悪化し、ひどい場合、鼻が破損し、鼻の再建手術が必要になることがある」とし、「よって拘縮の現象が出たらすぐに、再手術を受けることが患者の美容と健康のために最善のことである。」と説明した。

一方、シンミアン整形外科では、長い間、鼻の拘縮手術の経験を元に、多様な成功事例を保有している。実際手術を受けた患者たちの後記を確認することができ、医療陣に対する信頼度が高い方である。


原文記事:http://www.anewsa.com/detail.php?number=797702&thread=10r03


인쇄하기

Print List